さらりーまん「む」のFX


 「む」にメールする



プロフィール

Author:む
このブログは、サラリーマンである

わたくし、「む」の日々、悪戦苦闘のFX日記です。

Traders Loungeにてコピートレーダーをしています。
Traders Lounge

Traders Loungeの仕組みは以下の通りです。
Traders Loungeの仕組み

使用ツール
CMSのVT2→FOREXのMT4
FXDDのMT4

基本的にはトレンド順張り
MAとMACD、ストキャス、等で流れを読んでいます。
MT4向けにVT&CTのComplexを移植しました。

仕事でVC++をいじってる関係で
MT4のインジケーターの作成はそこそこ出来るっぽいです。
後学の為にインジケーター作成のご相談に乗ります。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20130404
今週の負けを取り返そうとしてUSD/JPYバクチでショート放置したら
黒川ショックで一気に-100で終了
結局、ズルしようとして、余計に回り道という最悪のパターン

気を取り直してEUR/USDをじっくり判断して
ロングして、追加玉してオラオラだったのもつかの間で
そろそろ一回利食いしとくかと思った途端に大幅の下げ
建値にSTOPを入れておいたお陰で一つは損きりだったけど
被害は最小限に抑えられた。

が、そこからの対応が悪い
なりふり構わず全開ショートしたら、一気に踏み上げられてしまった。
飛び乗りでショートするのもいいだろうけど、いきなり全開はダメだ。
これは多いに反省。

しかし、トレンドに乗れていても、利を全然残せないの典型パターンで嫌気が刺す


4/5は休みだったので
朝からやってみたけど、USD/JPYのロングに乗れて、追いかけすぎて損きりで
下りで取り替えそうとしたけれど、戻しにビビッて微決済
流れを見極め切れてないです、少しは見守るってのをやらねばならないんだけど
焦ってる、負けたくない、そんな気持ちに支配されすぎている。
結局、勝てなきゃどうしようもないんだけど、折角の大相場だったのに
爆損でしか結果が残せないというのが、なんとも情けない。

月ベースでプラスに持っていくべく、頭を切り替えて
追加玉を相当吟味しながら、やっていくしかないのかな。

つづき


雇用統計でもフルボッコでした。
甘さがある。
建てても、戻しにビビッて稼げない
怪しい所で飛びついて損きり貧乏(これはまだいい)

もっと、シビアにやらねばダメだ、、、、

EUR/USDのボラが突然収束してしまって
ホールドしてても、どうにもならない。

USD/JPYが一番動いているので
それを制さないとEUR/USDだけでは挽回できないと思う。

にしても、随分負けたなぁ。。。。


逃がし方をもうちょっとアレンジさせて、確立させよう。
それだけでも、変わってくると思う。

20130404.png

20130405_001.png

20130405_002.png

スポンサーサイト
20130403
20130403.png

イースターから、動きが鈍い所で
初動掴んでも、全然伸びなくて、戻されて損きりのパターンが続く
ホールドで会社に行くと、しっかり伸びてるんだけど
帰ってくるまでに完全に戻されて損きり
兼業じゃどうにもならない、分かってるんだけど、
さっさと会社を辞めてトレードに専念できるようになるまでは、仕方ない。

で、今日はなんとか、少しだけ取り返せた。
復帰までの道のりは長そうです。。。
3月28日の検証というか振り返り
サラリーマンをしている以上、チャートを見る時間は限られている。
その中で確実に勝ちを積み上げなければならない。
夕方から2時過ぎまでチャートを広げていて
ワンチャンスしか無いというのはザラです。
そんな所でも確実に勝つために、鈍く捕らえるところ、素早く捕らえるところ
この相反する感覚で、まぁ、いわゆるご都合主義でチャートを眺めている訳です。
思惑が当たったか外れたかで損益が決まります。
思惑通りの展開でも決済するタイミングを間違えると損の積み上げにもなってしまうのが
FXの難しいところです。
そういうのを何回も何回も経験して、
私には1mのチャートを開いてスキャルをするのは向いてなさそう
例え一日ワンチャンスしかなくても、それなりの流れの中で
それなりにきっちりと稼げればいいと思っています。

その典型となるチャートがあったので解説をしてみます。
3月28日の夕方から0時に向けた展開です。

丁度、前日に下げまくった所からじわじわ戻してきて
欧州のオープンのタイミングでもう一度下げにチャレンジして
跳ね返されて戻ってきたタイミングでした。
ここから、下げるのか上げるのか、はたまたレンジ開始か、

私は下げ目線で見てました、下げで走ったら乗る気でいたのですが、
どうも底が固いようです。
タイミングは10mで見てるのですが、それが陽線を付けたので
これは、盛大なV字回復もありとみて、ロングしました。
そこそこ伸びてくれたのもつかの間、あっという間に建値まで戻されて
更にもっと戻されて損きりするか悩む所です、ローソクの太線がきちゃったら
損きり、ヒゲならスルーで見守っていたら、なんとか伸びなおしてくれてホッとしました。

次の課題はどこで利食いするのか?
節目の価格帯、節目の時間というのがFXにはあります。
それを意識しながら、値動きが鈍くなってきたので決済しました、
本当は一回くらい陰線を付けてからでもいいのですが、
もう、時間帯的にその日はこのワントレードしかできなさそう、
それだったら、ちょっとでも多く残しておきたいので、さっくり利食いしたというところです。

私にはEUR/USDでこれくらいを積み上げるのが丁度良い感じです。
時間的な制約は大きいのですがストレスがクロス円に比べれば少なめなので
これからも、こんな感じでやっていこうと思っています。


ホントは、伸びなおしてくれた時に、もっともっと積みたい衝動に駆られたのよ。
でもね、万一そこでぶっ飛んだら、全部終わっちゃう。
3枚や4枚を仮に全部ストップの-100付けられても、それくらいならなんとかできるんだけど
せっかくのプラスを吹っ飛ばして、さらにたくさんの足かせになっちゃったら
精神的に参っちゃう。

次から、ちょっとでも動いたときに速攻でガンガン積み上げて踏み上げられて
を繰り返して病んでいくのはいやなのよ。
これから、まだまだ、何年も掛けてやっていくんだからさ、
もっと、大事にいきたいのよね。

20130328の検証


資金10万円で0.1ロットまでを基本として
30万円で0.1ロット*3枚を基本としてエントリ
ここで3枚に分割しているのはリスク回避の為です。
試しにエントリして伸びるなら追加を打つ、ダメだったら損きりする。
ここでいきなり全開で損きりだと結構つらいので、伸びるまでは様子をみたいのです。
そこから追いかけても結果的に損が少ないのなら遅くはないのです。
で、十分に乗ったら、建値にSTOPをズラす、これでリスクフリーになります。
調子に乗って更に1枚くらいまでは打っても良いことにしています。
で、資金が5万円単位で増えたなら上限までロットを上げて行く事にしています。
いわゆる複利でおっかけるという奴です。

(この口座はドル建てなのですが、計算がめんどいので1,000USD=10万円としています)
201303収支

今月はようやく勝ちが走るようになってきました。
持ち玉は3枚と考えていたのですが、なかなか3枚張れずにいて
折角のトレンドも活かせてなかったのですが、
やっと、積めるようになってきました。

で、ロットアップもマメにするようにしてみました。
0.1→0.13→0.15→0.17と増やしていますが
その間隔がどんどん短くなってきていて、資産が確実に増えています。

3月の成績は
+1006.3pips
+1466.23USD
でした。

資産は
5309.79USD
です。

なるべく早い段階で1万ドル、そして3万ドルとしたいです。
そこから、ようやく本当の勝負どころになってくると思います。
20130329
20130329.png

今日はイースターなので動きませんwwww
試しにEUR/USDをロングしてみましたが、値動き重すぎwwww
ということで、プラスのうちに決済しときました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。